2010年01月28日

やっとかめの雨

今日はやっとかめの雨降りです。「やっとかめ」とは名古屋弁で久しぶりのことで、八十日目と書きます。 陽が当たらないのでねこたちは

ぴーん

 

 

 

 

 

 

 

箱にてんこもりになっています。 


応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 13:27 | たく&たみの言語学

2010年01月24日

ちんちこちん

ちんちん

 

 

 

 

 

 

 

黒という色は熱をよく吸収するので、たみの背中はちんちこちん。

「ちんちこちん」とは名古屋弁で触れないくらい熱くなること。 


応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 14:16 | たく&たみの言語学

2010年01月16日

ぬくとい

毎日寒さが続いています。外猫さんたちにはつらい毎日でしょう。我が家のお気楽猫たちは

脱力

 

 

 

 

 

 

 

んーー ぬくとい

暖かいことを名古屋弁では「ぬくとい」といいます。 


応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 11:11 | たく&たみの言語学

2010年01月09日

きんきんです

「きんきん」とは名古屋弁でぱんぱんになった状態のことをいいます。「きもい」という言い方もあります。若者言葉の「気持ち悪い」 ではありません。今では「きもい」という名古屋弁はほとんど死語です。 たくたみは大阪出身だからこの名古屋弁は理解していないでしょう。

んー

 

 

 

 

 

 

 

んー

 きゅうくつ

 

 

 

 

 

 

きんきんです。 


応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 13:31 | たく&たみの言語学

2006年06月24日

文字遊び

 久しぶりに、たく&たみの文字遊びです。 

 

美しさは武器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たみちゃんの力作 「女 (おんな)」です。 ちょっと苦しい?

 

続きを読む

応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | たく&たみの言語学

2006年02月08日

ことばと表現

冬のオリンピック、いよいよ今週の金曜日に開幕。 夜型人間のパパは、ライブで観戦が楽しみ。 毎週水曜日は、 某所にてスペイン語講師。 言葉の不思議を実感。 ママはたく&たみの言葉がかなり理解できるらしい。 でもパパにはさっぱり。  外国語もそうですが、よい解説書や辞書が役に立つとはいえ、最終的には本人の理解しようとする熱意と想像力が大きな力になります。

 

目でものを言う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にわかってるのかニャー。 でもいいの。 ご飯とおもちゃが確保できればそれ以外はそんなに重要じゃないもの。

 

続きを読む

応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 23:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | たく&たみの言語学

2005年09月30日

これは何でしょう?

明日から10月。 後10日足らずで10月9日、たく の誕生日です (私たちがごろあわせで勝手に決めたのですが)。 

と言うわけ?で、9月の最後の文字は?

 

何の字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の字でしょう? 

 

続きを読む

応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | たく&たみの言語学

2005年08月17日

愛の形 たく&たみの場合

たく&たみ の愛情表現とは?  お互いに毛繕いをするのも愛情表現でしょうか? そして、新しい遊びを見つけると たく は「たみちゃーん」と独特な声で呼びます。 これも たく の愛情表現でしょう。

 

すがすがしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ暑い日が続く中、たみ のこういうすがすがしい 姿を見ると、 少し暑さを忘れさせてくれます。

続きを読む

応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 23:47 | Comment(6) | TrackBack(0) | たく&たみの言語学

2005年05月23日

猫のコミュニケーション

犬は飼い主の言葉を理解しようとするようですが、猫は理解する気があるのでしょうか?  猫の場合は飼い主に猫の言葉を押し付けているような気がしてなりません。 「ごはん ちょうだい」 「トイレが汚れてるよ」 「遊ぼうよ」  などなど。 (なんだか外国を旅行するアメリカ人みたい?) では猫同士はどうやってコミュニケーションしているのでしょう?  猫の集会はだまって座っているだけです。 たくたみ もよく目を合わせるだけで、お互いに意思が通じているようなのです。 片方を獣医さんへ連れて行ったときなど、 帰ってくると部屋の隅のほうへ2匹で行って、「こんなことをされたよ」と報告しているようなしぐさをします。 アイコンタクトでしょうか、 ボディランゲージでしょうかはたまた、テレパシーでしょうか? 

  たみちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうだ、そうだ。 飼い主は、しっかりと猫語を勉強してもっとグローバルになるべきにゃ」 と たみ

続きを読む

応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 23:14 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | たく&たみの言語学

2005年05月18日

猫文字

猫たちが寝ている姿を見ているとき、文字や数字に見えることありませんか?

この写真はどんな文字に見えるでしょう?数字の3でしょうか?それとも他の文字でしょうか?

猫文字?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなかっこうで寝ている猫たちがどんな夢を見ているかなと考えながら撮った写真の数々です。  どれも猫たちの力作だと思いませんか?

続きを読む

応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | たく&たみの言語学

2005年05月11日

猫に小判

誰もが知っていることわざ「猫に小判」。その意味は

貴重なものを与えても何の反応もないことのたとえ。 転じて、 価値のあるもので持つ人によって何の役にも立たないことをいう。 豚に真珠。 (広辞苑より)

類似したことわざは、「豚に真珠」以外に、「犬に論語」、「宝の持ち腐れ」や「馬の耳に念仏」があります。 英語では "Do not cast your pearls before swines (豚に真珠を投げても意味がない)" といい、まさに豚に真珠。  でも猫は登場しません。 江戸中期までは「犬に小判」というのが主流だったそうです。 また 「猫の手を借りる」とはいわず、 「犬の手を借りる」といってたそうです (ほんとうですかね?)。

また「猫にまたたび、お女郎に小判」ということわざもあります。 そう、その意味は

効果てきめん。

納得ですよね。 わがやでいうなら、「たくにチーズ、たみに花ササミ」ですか。 

ブログサイトの名前が「猫は小判」のおおた師匠。 猫に対する愛情では右に出るものがいないおおた師匠ならではのネーミング( 「名古屋みゃーみゃー奮戦記」とはえらい違い?)。 「猫に小判は要らぬ」 「猫に愛の手」ですよね。

「猫に小判」ではなく、「猫に御飯」 「猫にごめん」  なんて声も聞こえてきそう。

本日のスクープ写真は、「たみの虫取り作戦」

 

むしさん、むしさん、あっそぼー

 

 

 

虫どこ

 

むしさん、どこ?

あっ! ここだ!

 

 

つかまえてやる

 

ここだにゃー

よし! そーれ!

1−2−3 覚悟!

 

あれ

 

れれれ?  #$%&

おかしいにゃー

 

 

 

 寝たみ

つまんないから、ねちゃおうっかにゃー

 

 

 

 

たみとたく 羽交い絞め

 

 

 

 

 

なんでこうなるの、いつも。 わたしって、のろいのかちら? 

それともたくが、どこかおかちいのかちら?

昨日のアンケート(あなたと猫だけの時間)の結果は、「幼児言葉になる」が4名、「猫に甘える」が4名、「猫になりきる」が2名、 「いつもと同じ」が1名、そして「その他」が1名でした。 その他とは何でしょう? 教えてください。  でもついつい猫にはやさしくなってしまう、猫好きさんばかり。 猫にあこがれるのか、猫に甘えたいのか、そんな愛すべき猫好きさんばかり。  

今ピンクフロイドの「ザ・ウォール」見てたら、白いハトを追う白黒八割れさん、ハンサム。 失礼しました。 


応援ボタンrank_001.gif 押してにゃっ!
posted by ハイメ&マコ at 23:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | たく&たみの言語学