2005年07月05日

猫の耳

猫の頭の上にあり、三角形で器用に前後左右に動き、かわいく感情を表現するのが、猫の耳です。 

妖艶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね、そうでしょう? 私の耳の表情すてきでしょ?  

 

私たちが猫の耳として認識しているのは、耳介と呼ばれる部分で集音器の役目を果たします。 私たち人間は、 耳を澄まして音を聞くときに、よく両掌を左右の耳の後でかざします。 猫の場合はそんな必要がありません。 耳介が別々に前後左右に動き、 周囲で動く物体の方向や、距離を正確に測定。 

 

カメラ耳線

 

 

 たみちゃんを毛繕い

 カメラの気配に

 耳がこちらを睨む

 

 

 

カメラ耳線2

 

 耳はこちら向きのまま

 目で改めて

 カメラを確認

  

 

 

 

人間より聴力の優れている犬をもしのぐ耳のよさ。 飼い主の足音を聞き分け、玄関で待っているのもうなずけますよね。 

 

たみちゃんの耳と目

 

 

 

 

 

 

 

 

猫の耳は、他の部分に比べて体毛が薄くなっていて、皮膚も薄いため、蚊にくわれることが多いということです。 猫の耳って、 体温が低いですよね。 夏の暑い日に触ると、ひんやりと気持ちいいのですが、耳が冷たい理由ってなんでしょう。  放熱板の役目を果たしている? 猫に限らず、私たちの耳もそうですよね。 熱いものを誤って触ってしまったとき、「耳たぶ」 に手を持っていきます。 なぜ耳は冷たいのか ? ご存知の方いませんか。

 

 おおきくなったたみ

 

 足で体を支えて

  滑り落ちるのを

  防ぎながら

  Zzzzzz

 

 

丈が足りないたく

 

   たみ のまねをして

 脚で突っ張ってみるけど

 丈が足らず

 ズルル・・・

 なんでにゃの?

 

 

 あざらし?

 

 カメラに気付いて

 逃げようと

 ばたつかせる足

 アザラシのような

 短さ 

 

昨日は、アンケートサイトの調子が悪かったので、1日お休みをいただきました。  今日もうまく表示できないので別ページでアンケートを実施します。  右側のフレームにある[質問と回答はこちらから]のボタンをクリックして回答をお願いします。

 

本日のカバー写真、たみ の妖艶な姿にゾクゾクときたら、rank_001 をクリックしてね。 

 

posted by ハイメ&マコ at 23:38 | Comment(6) | TrackBack(0) | たく&たみの体のしくみ
この記事へのコメント
ぷぷぷっ!最後の写真に思わず笑っちゃいました(^-^)
たくちゃんがたみちゃんより大きくなる日は来るんかな〜?来て欲しい様な、はたまたこんな写真で笑かしてくれるなら来て欲しくない様な。。。(^^;
Posted by いよだとばん&むう at 2005年07月05日 23:54
いよださん、早速の書き込みありがとうございます。たくは、我が家のコメディアン、毎日新鮮な笑いを提供してくれます。 さすが大阪生まれ。 
Posted by たく&たみパパ at 2005年07月06日 00:38
最後の写真がなんともかわいくて!!
足が開ききっちゃってますね〜ああかわいい。
しかしたみちゃん、器用なんですね。
リンク、張らせて頂いちゃいました^^
これからも楽しみに遊びにこさせて頂きますね。
Posted by ししママ at 2005年07月06日 11:53
やはり机の上、テレビの上にべたっと座るのは、どのおうちも一緒ですね。滑り落ちるのをふせぎながらも寝てる器用さ!!脱帽です。そしてたみちゃんの耳は素敵ですね。猫達の目も耳も、神秘的ですよね。でもたみちゃんは神秘的と意識してないところ、そこがまた神秘的なんですよね。かわいすぎ。猫万歳。猫に囲まれて、庭園のある家に住むのが私の夢です。
Posted by もものお姉ちゃん at 2005年07月06日 18:16
ししママさん、リンクありがとうございます。こちらでも張らせていただきました。これからもよろしくお願いします。時々お邪魔して、みゃーみゃー、にゃーにゃーと雑音を入れますが、よろしくお願いします。
Posted by たく&たみパパ at 2005年07月06日 18:49
もものお姉さん、やっぱり猫はいいですよね。犬を飼っている人たちは、毎日の散歩の中で友達が増えるようですが、猫好きはなかなか今までは友達ができる機会も少なかったようです。でも今はこうして猫の話題をインターネットを通してにゃーにゃーみゃーみゃーとできるようになって本当いい時代になりました。
Posted by たく&たみパパ at 2005年07月06日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。